乳酸菌のお話

乳酸菌と言えばヨーグルト!?

『腸内フローラ』という言葉。
最近は結構メジャーになってきましたね。
腸内フローラとは腸内に住んでいる細菌群のことを指していて、善玉菌、悪玉菌、日和菌とにわけられるといわれています。
食べる食事によってバランスが変わり悪玉菌が増えると腸内バランスが崩れ、女性の気になる、最近は男も気になる!?「お肌の美しさ」にも影響が出てくるとか。
(そもそも善玉菌とか分類すること自体が意味がないという学者さんもいますが:笑)

善玉菌の代表格が乳酸菌。
(ビフィズス菌なども含まれるようですね)
乳酸菌は嫌気性菌なので、空気に触れにくい環境を好みます。

腸内フローラを善玉側に傾けるために、毎日摂りましょう♪と企業さんがCMなどで宣伝しているのがヨーグルト。
最近は『生きて腸まで届く乳酸菌』てのもあって、なんか健康に良さそうですよね。

じゃあ、腸内の健康の為に毎日ヨーグルトがいいのか。

ただ、僕はこれには懐疑的です。
でなければ、書きませんわね(笑)

では、【保存版】食の情報との付き合い方と同じように、事象と事実を簡単に列記して考えてみましょう(エビデンスは数限りなくあるでしょうから割愛しておきます)

【みんな気になる】牛乳のお話でも書きましたが、牛乳・乳製品は普及しだしたのは戦後の話。日本人にとってはとても歴史の浅い食品です。

〇腸内には100種類以上約100兆個の細菌が住んでいる。その中で、菌たちが共生している。

〇乳酸菌は、ヨーグルト以外の発酵食品からも摂れる。

 

乳酸菌を摂るよりも「お腹の乳酸菌が喜ぶ食品を摂る」

結論から言いますと、外から乳酸菌を入れるより「お腹の乳酸菌が喜ぶ食品を摂る」方がいいと僕は考えています。
乳酸菌のみにクローズアップすると種類なども調べられているでしょうから、ヨーグルトにのせて同じ乳酸菌を腸内に届けることもできるかもしれません。

では乳製品で乳酸菌を摂ることは他の菌にとってはいいんでしょうか。
腸内細菌は多種多様。
そしておそらく、民族ごと生物ごとにおいても違うはずです
その細菌たちがバランスを取って共生しているわけですが、乳酸菌を含む乳製品を取って乳酸菌自体はよくても、乳製品が他の菌にとっていいかどうかはわかりません。
これは、今まさに日本人全体で実験中です。
欧米人に良いものが、日本人に合うとは限りません。

全体では結果的にバランスをいい方向に持っていかないんじゃないかな?僕はそう考えています。
まぁ、これは僕の希望的観測な部分もありますから参考程度に。

はい、では結論の部分をどうしていくかですが、日本人の食生活に合ったものから「乳酸菌が喜ぶ」というより実際は『腸内細菌全体が喜ぶ、腸内細菌のエサ』を摂って行けばいいと思うんです。

餌を欲しがる腸内細菌(笑)

日本人の腸内細菌が喜ぶ食品

一番身近なのが、やはり味噌。
味噌にも乳酸菌以外に多数の菌が共生しています。
味噌を仕込んで熟成する中で菌たちが大豆や麹(米)を分解していきます。
しっかり分解された味噌は、日本人の腸内細菌にとっては最高のごちそう。
日本人の腸内フローラ(日本人の遺伝子)に一番適した食品だと思います。

と言うわけで、毎日お味噌汁飲みましょう♪

味噌の選び方

じゃあ、どんな味噌がいいのか。
簡単に条件を挙げると
・一年以上熟成したもの
・海の塩で仕込んでいる

ちょっとハードル高そうですが、せめて熟成期間はクリアするようにすることをオススメします。
一般的に売っている安い味噌は、効率を考えて3か月熟成など期間の短いものが主流。
『長期熟成』と書いていても、熟成期間6か月。安い味噌に対して長期熟成なだけ、っていう理屈の商品もザラです。
本当にいいのは3年熟成(完全に分解)だそうですが、そうなるとハードル高いので、最低1年は熟成したものを。
塩の質はこれも健康には海の塩が適しているから。

ベストは自分で作った手前味噌。
自分の手についた乳酸菌が味噌を発酵させてくれます。
他には、自前の糠漬けなんかもオススメ(スーパーで売っている安い漬物は違いますよ)

ちなみに僕の家は、手前味噌とこちらのお味噌(醤油)も使っています。
良ければ参考にしてください。
大正屋醤油
島根県安来市にあるお醤油屋さんの田舎味噌。
地元の契約農家さんに作ってもらった大豆(植え付け時のみ農薬使用)と海の塩を使って仕込んでいる。
一年熟成。

最後にこれは忘れずに言っておきます。
乳製品は健康目的で食べるのは勧めません。
乳製品はあくまで嗜好品。
ヨーグルトも美味しいから食べる。好きだから食べる。
僕は日本人にはその方がいいと思います♪

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です