栄養バランスを考えて本とにらめっこ、する前に、自家製米♪

皆さん、おうちではどんなお米を食べていますか?

我が家では精米機を買って自家製米しています。
理由は簡単。
(1)美味しい。
(2)栄養価が高い。

まず(1)ですが、お米は精米すると、その時点からどんどん酸化していきます。
未開封の間はまだましですが、開封するとどんどん酸化が進み、味が落ちていってしまいます。

精米機で毎日精米すると酸化していないお米を毎日食べることができます。
銘柄にこだわるのもいいですが、精米したて、炊き立てのお米は格別です。
何より、今は精米機も安くなってきていますからね(まぁピンキリですが)

我が家の精米機はコチラ

>【送料無料】精米機 道場六三郎監修 匠味米 MB-RC23(R) レッド 山本電気 家庭用 ライスクリーナー 精米器 1~5合 白米 無洗米 玄米 胚芽米 対応

価格:16,980円
(2017/2/11 18:46時点)
感想(124件)

僕が買った時の決め手は「胚芽米設定」ができること(こちらは後述)
さすがは鉄人 道場六三郎監修か。作りも他の精米機よりシンプルで、壊れにくい(我が家のは5年使ってますがぜーんぜん壊れません)
他の精米機より小さい(サイズ:幅20×高さ23.8×奥行27.4cm)
さらに安い(>_<)別格に安い。是非見比べてください。
精米機迷っている人は、ほんとにコレは買いです!

次に(2)ですが、先に書いた「胚芽米」とも関係あります。

ご存知の方もおいと思いますが、穀物や野菜なんかでもそうですが、栄養価は皮の部分に多いです
なので、お米(玄米)を精米してヌカを取り除いてしまった白米は栄養価としては、ほぼデンプンです。
エネルギーにはなりますが玄米に含まれていたミネラルなどの栄養価はほとんどなくなってしまします。

「白米はカス」っていう言葉もあるくらいですから。
ほら、日本酒の絞った後のカスって→コメを白くするって書きますよね。

さてさて、じゃあ玄米食べとけばいいのかって言うと一概にそうもいえないんです。
確かに栄養価で見ると、玄米が一番高いですが、食べたことある人はわかりますよね?
「食べにくい」んです。どうしても硬く、また消化もあまりよろしくない。
また、フィチン酸という毒素(種が自身を守るためにもつ毒素)が多く、体の老化につながりやすいとも言われています。

また、女性はまだしも、男性は特に玄米に合いにくい
「陰陽五行説」では、玄米は陽性、白米は陰性。
女性は陰性なので、プラスマイナスが組み合わさって合いやすいですが、男性は陽性なので反発しやすく、玄米を食べるのには向いていません。
玄米食を推奨しているマクロビオティックに取り組む男性が少ないのはそういう理由からとも言われています。

じゃあ我が家ではどうしているかというと、白米と玄米の間。
「五分搗き・胚芽米」にして食べています。
玄米より食べやすく、栄養価、特に多い胚芽を残して食べるようにしています。
これくらいだと、抵抗なく食べられて栄養価もしっかり摂れるかなぁと考えています。
冷めてもヌカ臭くなりにくく、味もいいし、すこし玄米っぽい食感も残ってて美味しく食べられます。

ちなみに、勘違いしている人が多いので書いておきますが
「玄米>3分搗き>5分搗き(この辺りまで胚芽が残りやすい)>7分搗き>白米」
の順番です。「搗き」を「付き」だと思って反対に覚えている人がいるので(他でもない私がそうでした)

あ、そうそう、自家製米するといいことが、もう一つ。
ヌカがタダで手に入ります。
ヌカ漬けはもちろん、そのまま炒って塩と青のり・干しエビ・サバ節粉などお好みで混ぜて「ふりかけ」にして楽しんでいます。
安価で、さらに玄米から削ったヌカに含まれた栄養価を別の形で摂れるのでオトクです♪

是非お試しあれ(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です