コーヒーの道具たち

コーヒーの道具も、入門書を見ていると色んな種類、色んなスタイルが載っていてどれを選んでいいやら。親切なのか不親切なのか(-“-)

今回は、僕が使っている道具たちを、一例に掲載しておきますね。

ヨシカワ カフェタイム 木柄ドリップポット YOS-SH7090

新品価格
¥2,400から
(2017/2/17 21:16時点)

 まずはドリップポット。
デザインは色々ありますし、ステンレス製のもの、ホウロウ製のものなどさまざまです。

「一定の量を細く狙ったところに注ぐ」
そのために、注ぎ口が細いものが適しています。
(コーヒーとついている商品なら大概大丈夫だと思いますが)

シンワ 棒状温度計ケース付? H-3 72511

新品価格
¥237から
(2017/2/17 22:12時点)

シンワ測定 金属ケース 棒状温度計用 30cm用 72729

新品価格
¥534から
(2017/2/17 22:13時点)

お湯を沸かすときに大事なのが、お湯の温度
お湯の温度で味がかなり変わりますので、必ず温度を測れるように温度計は準備しておきましょう♪

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー 01 セラミック ホワイト コーヒードリップ 1~2杯用 VDC-01W

新品価格
¥1,035から
(2017/2/17 21:22時点)

 

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー V60 コーヒードリップ 450ml VCS-01B

新品価格
¥630から
(2017/2/17 21:23時点)

 

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター M 1~2杯用 100枚箱入り みさらし VCF-01-100MK

新品価格
¥280から
(2017/2/17 21:23時点)

 次に、ドリッパーとサーバー。
僕が使うのは、HARIO V60-01
01は1~2杯用
02は3~4杯用
HARIOは円錐形のドリッパーで、自分のお湯の注ぎ方で濃さを調整できます。サードウェーブ(意味はコチラをチェック)のお店で好んで使われています(日本で進化したドリップコーヒーが世界へ。なんか嬉しく誇らしい♪)
紹介したのはセラミック製。他にはもっと軽い樹脂製のものもあります。

サーバーはドリッパーに合わせて。
それとペーパーフィルター。こちらもサイズを合わせて。
僕は漂白されていない「未晒し」を使用しています。

ここで注意。
道具がちゃんとしていても、フィルターがちゃんとしていないと台無しです。
100均などでも売っていますが、紙のにおいが出たりするので、必ず純正品を選びましょう

Kalita ナイスカットミル (シルバー)

新品価格
¥35,180から
(2017/2/17 21:41時点)

 そして、コーヒーミルです。
これが一番高価ですので悩みどころですね。
ちなみに、僕が今使っているコーヒーミルは10年使っていますが故障知らずで頑張ってくれています。
頻繁にコーヒーを自分で入れる人。
美味しいコーヒーをいつも飲みたい人は是非持っておきたいところですね。

フジローヤル 小型高性能ミル みるっこDX 【スタンダード】 ブラック R-220

新品価格
¥39,032から
(2017/2/17 21:47時点)

 似たサイズのコーヒーミルをもう一つ紹介してきます。
コーヒーラバーにはこちらの方がいいという方が結構多いので、次の機会はコチラを試したいですね♪

ポーレックス 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ 日本製

新品価格
¥4,860から
(2017/2/17 21:50時点)

コーヒーミルに 「そんなにお金出せないぞー」て方にはハンドミルを。
コチラのミルも評価が高いですね。形も持ちやすくシュッとしててオシャレ♪

☆番外編
「自分でハンドドリップまでは~、でも美味しいの飲みたい~」
って方にオススメのコーヒーメーカー♪

ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー V60 透明ブラック EVCM-5TB

新品価格
¥11,604から
(2017/2/17 21:57時点)

 紹介したコーヒードリッパーHARIO V60でドリップするコーヒーメーカー。2~5杯で好みの量を抽出可能。使い方はまた動画を作成したいと思います(>_<)

抽出温度が90℃ですので、浅煎り~中深煎りくらいに向いていると思います(深煎りで抽出できないという意味ではないです)

最後に、さらにハイランクのコーヒーメーカー。
まぁ、ここまで行くとほぼ業務用です。
でもリーズナブルですけどね。業務用なら10万以上はしますから(-“-)

ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー EVS-70B

新品価格
¥44,800から
(2017/2/17 22:03時点)

 コチラは、抽出温度からスピードまで設定できます。
く、玄人用ですね。初心者は買わないでください(笑)

僕が普段使っているコーヒーの道具はこんな感じです。
夏でもハンドドリップな人なので(-“-)ハンドドリップでアイスコーヒーも淹れますが。
使い方は近日公開の動画をチェック(>_<)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です